読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モラハラ夫、イクメンと呼ばれたくて。

モラハラ夫と呼ばれた僕が、離婚を回避すべくイクメンへの道に転身を図る日々の奮闘記録です。。。

いつからモラハラ?どこからがモラハラ??

モラハラ

 

モラハラ

 

モラハラららら。

 

モラハラって、言葉の暴力ことだよな。

そして、それを自分では気づかず行っている場合も多いんだよな。

ジワジワと相手を苦しめていく言葉の暴力。

いつから、僕は、そんなえげつないことをしていたんだろう。

 

 

どこでどう、間違えたんだろう。

 

結婚当初は、とても愛に溢れていたと思う。

 

同じ職場で、、一緒に出社して、

帰りもお互い待って、一緒に帰ったりもしたり。

 

元々職場恋愛だったから、職場の先輩=奥さんになるなんて、なんだかくすぐったくて照れ臭いばかりの新婚時代だった。

 

 

それから3ヶ月、愛の結晶が奥さんのお腹に宿った。

とても、嬉しかった。

 

そして、不思議な気持ちにもなっていた。

親?

おや?

僕が親になるの?

 

なれるのか?こんなんで。

まだ、リアルには感じられなかった親としての自分。

 

 

そんな、ふわふわした覚束ない自分の気持ちなんて、赤ちゃんは待ってはくれない。

 

すぐに、奥さんのツワリが始まった。

 

 

そんな時、ツワリで苦しそうな奥さんと一緒に通勤するのが、億劫になってきた。

 

だって、なかなか前に進まないし。

 

普段以上に、歩くスピードが遅いから。

 

 

実は、短気な僕。

 

心の中で、毎日、イライラが朝の僕の心に積もっていった。

 

 

『もう少し、早く歩けない?』

 

 

つい漏らしてしまった言葉。

 

 

ツワリで口を押さえながらも、懸命に歩きながら出社している奥さんに対して、その心配よりも、自分が朝の通勤時間が長時間になることばかりが頭を過る毎日。

 

 

『明日から別々に行かない?』

『俺、今日朝早く仕事したいから先にいきたいんだけど!』

 

 

そんな言葉をかけたこともあった。

 

 

あまりに遅いから、スタスタ置いていく時もあった。

 

雪の日は、さらに歩くスピード遅いから、後ろから突っついたこともあったな。

 

『顔怖すぎ。朝から眉間にシワ寄ってるよ。』

と、奥さんに言われたこともある。

 

 

今、書きながら思い出すと、、

なんか、自分がどんだけ嫌なやつだったのかとハッとするな。

 

客観的に見ると、本当に利己主義な僕。

 

 

そんな時、奥さんは、怒りとか悲しみとかよりも、、何だか落胆した表情に見えたな。

 

諦めたみたいな、、そんな顔していたのを覚えている。

 

 

ツワリが酷い時、奥さんが家に入れず、車で寝て待っていた時もあった。

 

奥さんから助けの連絡があっても、構わず仕事していた僕。

 

正直、仕事の時は、奥さんから何言われても仕事しか見えていない。

むしろ、邪魔にさえ思ってしまうことも。

 

口には出していないが、節々の言動や態度で、奥さんは感じ取っていた様子だが。

 

 

 

そんな心無い言葉を、つい口に出していた記憶はある。

これは、モラハラなのか??

この心無い言葉は、モラハラなのかな?

 

 

モラハラって、どこからなんだろう?

そんな疑問が、頭を過る。